これが怒らずにいられるか

昨今、「シェアド・サービス」なる新しい業務形態
が注目されている。

「シェアド・サービス」とは、関連する複数の
会社が、その共通する部門(経理や総務)を
それぞれ社内から切り離して、共同の新会社
を設立し、そこで業務を請け負う新しい形の
アウトソーシングのこと。


私も詳しくはないですが要するにそういうことです。

この業務形態だと、経費の20%以上が削減出来る
らしい。

クリックが激減、順位も暴落しています。
駄文ではありますが、よろしければ
クリックしてから先へお進み下さいm(__)m

にほんブログ村 為替ブログへ
新たに参加しました。
宜しければこちらもお願いいたしますm(__)m

人気ブログランキングへ
何か設定することも何もありません。
ただ上の【為替ブログ】と表示されたバナーを
クリックしていただけると、それが私の順位
アップにつながります。


不景気の今、
FX業者には経営の効率化が求められている。

ほぼ間違いなく、この業務形態の導入が
競争激化の業界を生き残る一つの策になると
私は踏んでいます。


決して、導入が難しいとは思えませんしね。

つまり、意識をChangeしないと生き残れないって
ことでもありますな。

従来の意識のままでいては、残れない・・・
このことで思い出したことが。


先日、このブログで‘顧客本位’でなく‘業者本位’で
営業するな、みたいなことを言いましたが、このこと
にも関連する。

話は5年ほど前に遡る。当時私はオンライン取引の
部署で経理部門を担当していた。

扱っていた商品先物取引では、追証というものがあり
ます。

一部FX業者でもその制度を導入しているが。

追証とは、未決済の損失が一定額を超えた時に発生
します。

さらに一度追証に該当した投資家は、翌営業日の
正午までに必要な金額の入金をしないと、正確には
会社が入金を確認出来ないと、相当する建玉(ポジ
ション)を強制決済されます。

であるから、オンライン取引の部署の経理担当である
私が、正午に別室に行き入金を表示するモニターを
確認しに行くのは、想像出来るでしょう。


そりゃ、確認しに行かなかったら、入金は無かった
ものとして追証該当者のポジションを決済します。
例え、本当は入金が完了していようともね。


これは絶対あっちゃいけないこと。

しかし、その日はそのモニターの周りに誰もいなかった。

急な説明会があったみたい。

で、私が一人
そのモニターに近づき簡単な操作をしていると・・・


同室で留守番をしていた2人の管理職が私に怒鳴る。

「勝手に経理部の机・機械に他部署の者が一人で
触るなっ」と。


おいおい、
経理部員に全員席を外させている方が問題だろう。


じゃぁ何か、経理部員が席外しだから、本当は入金
が完了していても、投資家のポジションを決済すれ
ば良いのか?


業者都合で投資家の損益を好きに動かせと?

これほどの‘業者本位’も珍しい。

その取引の会社が「翌日正午」って法律を無視
して経理部員全員を説明会に行かせるなんて、
言語道断


ちなみに、その説明会って社内だけのもので、
しかも時間をずらしても少しも差障りないもの。

すみません、思い出しただけで憤慨してしまいました。
分かり難い文章だったと思います。

勝手に経理部の机・機械に他部署の者が一人で触る・・・
確かに普通はいけないこと。


ただ、状況を考えて欲しいですな。

結果的には業者本位の考えでありその原因は、
意識が普段と変わってないってこと。



アクセス、ランキングともに超低空飛行。
クリックしていただけると幸いですm(__)m

にほんブログ村 為替ブログへ
新たに参加しました。
宜しければこちらもお願いいたしますm(__)m

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

No title

内部事情・・勉強になります・・・。

No title

追証発生したことはまだないです。。

||ポン・ドカン|| です!

ちわ~っす!

ポンド円は、今週もう動かないのかな??
ホントに1時間も4時間足も移動平均のカラマリ状態
どっちに動くか予測が難しいっす(;一_一)

No title

主客転倒ですね。

今日は寿司屋でした。

また、食事制限違反でした。

No title

こんにちわ^^

業者側にも色々あるんですね^^;

No title

世の中理不尽なことだらけですね。

No title

ブログ更新が滞っており申し訳ありませんでした。
本日から更新しております^^;

No title

カタランさん、こんばんは^^

自分達に後ろめたい事があると怒る人っていますね~
その様な方々とは仕事はし難いですね^^;;

No title

こんばんは。
内部ではそんな事が・・・。
特定事業の内部事情は気になります(笑

(*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆こんばんは☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)

難しい話だ・・・・・(@@;)
追証くらったことはないけどこわいですねw

No title

上がりすぎなのかなぁ??
ユロドルが弱いからかもしれないですね

No title

こんばんは!
今週は方向感がない展開が続きますね。

No title

カタランさん、こんばんは!

追証発生した場合、おそらくポジションは危機的に状況にあるので、
切ってあげる方が親切かもしれません^^;
入金したとしても、さらなる損失を拡大させるだけだと思うので。

No title

カタランさん こんばんは~

方向感のない動きが続き、面白みに掛けますね・・・

No title

行く末は母体がホールディングスとなって部署が全部子会社になって分散しちゃうのかも知れませんね。
この10年ほどで各業界でそうした流れがありましたが、採算割れると簡単にスクラップか身売りしてしまうのがタマにキズです。

No title

円高の中で日本の株式市場も一度大きく下げないと駄目でしょうし、たいへんな波が来ましたね。

こんにちは^^

 カタランさんはそれを言われて怒らなかったんですか??
私だったら激怒して怒鳴り散らすという子供のような行為に出ていたと思いますww
本当に会社というのは古い体質だと横柄な事が多いですし、変な役席だと間違っていても何とか正当にこじつけたりと腹立つんですよね~!!
チェンジと聞いてオバマさんを思い出しましたが最近は支持していた方々からライアーオバマと言われているそうですね・・・
どんな事をしてもかならず全員から支持される事なんていうのは無いんでしょうけどね^^;

No title

会社勤めをしたことがないのでよく分かりませんが、色々小うるさい問題が多いのですね^^;
【フォレックス・ドットコム】
    フォレックス・ドットコム
米国大手の外国為替証拠金取引会社である「ゲインキャピタル社」を親会社とし、世界140ヵ国に事業を展開。                                                     さらに、米国で取引システムが専門機関より多数受賞!                        フォレックス・ドットコムの売りの一つはなんと言っても「業界屈指の約定力の高さ」です。                                      また、その優れたシステム「ワンクリック注文」は是非とも武器にしたいもの。                                            個人投資家の他、ファンドマネージャーや商品投資顧問業者からも高い注目を集めています。 その他、足りないというスペックが見当たらず最もお奨めする業者です。                                               2010年4月1日から日本での営業を本格的にし、今後益々広がりを見せるはずです。               以前、当社の記者会見にお邪魔しましたので、是非その記事もご覧ください。                  →その過去の記事(1)                                     →その過去の記事(2)
【マネーパートナーズ】
      《初心者向け》
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ
『マネーパートナーズ』                                                                                                         
【ひまわり証券】
『ブログランキングサイト』
『悪評BIG3』
これまで書いて来たこのブログ記事の中で悪評が多かったもの・・・

【その取引は茶番劇だ】              【それ、騙されてません?】         【何様のつもりだ】
最新コメント
プロフィール

カタラン

Author:カタラン
住所:東京都
性別:男
コメント:元取引員です。他にもサッカーとスペインが好きです。みなさんヨロシク!!

月別アーカイブ
最新トラックバック
【米ドル円・2大対決】
あなたなら、どちらの口座を開設する?
                                                                         【外為オンライン】                                                      米ドル円スプレッド原則1銭固定です。                                                              昨今は1銭以下のそれを営業するFX業者も増え、あまりインパクトはないのかも知れない。                                                                 しかし、1銭でも約定の安定性が非常に良い。                                                                                     実際に私が使った上での感想。ここの口座は持つべし!!                                                                                その良さは、3年連続でFX取引高No.1ってことでも分かりますね。                                                                            また、初回入金10万円以上、1回以上取引で5,000円キャッシュバック。                                                                                                     過去の記事も参照ください
                                                                         【クリック証券FX】                                                        今や以前にも増して、投資家の注目度がすごい。                                                                                    こちらも米ドル円スプレッド原則固定・・・しかも、0.8銭!                                                                                                         これには御見逸れしました・・・                                                                                           しかも、この業者、iphone対応のFXを取扱ってるんです!今流行のiphoneFX。これからも益々この需要は伸びるでしょう。                                               このFX口座は是非開設したいですね。                                                                                     条件やその他詳しくはクリック証券FXHP
【DMM FX】
                     DMM FX      
『業者巡礼』
以前から複数のFX・証券会社事務所に行っています。                                                                  その時の記事をご紹介します。                               
「外為どっとコム」編                                                                                            ●「アイディーオー証券」編(旧事務所)                                                                                  ●「香川証券」編                                                                                                   ●「上田ハーローFX」編                                                                                            ●「Kakaku FX」編                                                                                                  ●「DMM FX」編(前編)                                                                                           ●「DMM FX」編(後編)                            
経済ニュース(ロイター)
blogparts by 外国為替FX@比較
『ランキングサイト(その2)』
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
あし@
RSSリンクの表示
検索フォーム