FX業者の強化。

(四季でなく)二季は移ろって行きますが、
相変わらず経済危機は移ろいません。

厳密にいえば、その内容は刻一刻と
全く同じものは無いのでしょうけど、
私たちが受ける影響は変わりません。


その中でFX業者の変化は感じ取れるものです。

年が明けた頃から、
金融危機からのほころびは出てきました。

さまざまなFX業者が新たなサービスや
仕様の変更をしています。


そういえば、社名変更も何社かありましたね。

そういった新規のサービスや変更でも、
業者によって意味するところが違うなぁ
って思います。
2種類あるなぁって思います。


事業拡大や、自社と投資家ともの利便性向上
の為の積極的なもの。


そしてもう一つは、
破綻だけは免れる為のものです。


後者の動きをしている業者からは、
切実なものを感じます。
もちろん、これは悪い訳でも揶揄する
つもりもありません。

M&Aなんかもたまに目にしますが、
M&Aすればそれで終わりと考えている
業者が多いように思います。

本来M&Aとは自社が持っていない弱い
ところを相手企業から得るものです。

そうして、事業再編や不振する経営を強化
することを目的としているはずです。


そのことを忘れないで頂きたいですね。


結局、強くしっかりとしたFX業者の存在が、
そのお客さんの身を守ることになるのですから。



最近、ランキングが下がっていますので
クリックしていただけると幸いです(^^;

にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

No title

逃げの一手を講じている段階では、いつか破綻になりますね><

ポン円は合成通過らしいんで、動きがおかしいことが多いらしいです。その分予想もしにくいとか(´vωv`*)。

7つともポチっと応援完了です!

No title

今日は出先なので

ポチ

のみです。

No title

カタランさん、こんばんは^^

お久しぶりのコメントになりました(汗)
確かに年明けから色々な動きがありますね。
その背景はやはり金融不安でしたか…。
勉強になりました。

ぽち。

No title

お忙しいみたいですね^^

今日も7つともポチっと応援完了です!
【フォレックス・ドットコム】
    フォレックス・ドットコム
米国大手の外国為替証拠金取引会社である「ゲインキャピタル社」を親会社とし、世界140ヵ国に事業を展開。                                                     さらに、米国で取引システムが専門機関より多数受賞!                        フォレックス・ドットコムの売りの一つはなんと言っても「業界屈指の約定力の高さ」です。                                      また、その優れたシステム「ワンクリック注文」は是非とも武器にしたいもの。                                            個人投資家の他、ファンドマネージャーや商品投資顧問業者からも高い注目を集めています。 その他、足りないというスペックが見当たらず最もお奨めする業者です。                                               2010年4月1日から日本での営業を本格的にし、今後益々広がりを見せるはずです。               以前、当社の記者会見にお邪魔しましたので、是非その記事もご覧ください。                  →その過去の記事(1)                                     →その過去の記事(2)
【マネーパートナーズ】
      《初心者向け》
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ
『マネーパートナーズ』                                                                                                         
【ひまわり証券】
『ブログランキングサイト』
『悪評BIG3』
これまで書いて来たこのブログ記事の中で悪評が多かったもの・・・

【その取引は茶番劇だ】              【それ、騙されてません?】         【何様のつもりだ】
最新コメント
プロフィール

カタラン

Author:カタラン
住所:東京都
性別:男
コメント:元取引員です。他にもサッカーとスペインが好きです。みなさんヨロシク!!

月別アーカイブ
最新トラックバック
【米ドル円・2大対決】
あなたなら、どちらの口座を開設する?
                                                                         【外為オンライン】                                                      米ドル円スプレッド原則1銭固定です。                                                              昨今は1銭以下のそれを営業するFX業者も増え、あまりインパクトはないのかも知れない。                                                                 しかし、1銭でも約定の安定性が非常に良い。                                                                                     実際に私が使った上での感想。ここの口座は持つべし!!                                                                                その良さは、3年連続でFX取引高No.1ってことでも分かりますね。                                                                            また、初回入金10万円以上、1回以上取引で5,000円キャッシュバック。                                                                                                     過去の記事も参照ください
                                                                         【クリック証券FX】                                                        今や以前にも増して、投資家の注目度がすごい。                                                                                    こちらも米ドル円スプレッド原則固定・・・しかも、0.8銭!                                                                                                         これには御見逸れしました・・・                                                                                           しかも、この業者、iphone対応のFXを取扱ってるんです!今流行のiphoneFX。これからも益々この需要は伸びるでしょう。                                               このFX口座は是非開設したいですね。                                                                                     条件やその他詳しくはクリック証券FXHP
【DMM FX】
                     DMM FX      
『業者巡礼』
以前から複数のFX・証券会社事務所に行っています。                                                                  その時の記事をご紹介します。                               
「外為どっとコム」編                                                                                            ●「アイディーオー証券」編(旧事務所)                                                                                  ●「香川証券」編                                                                                                   ●「上田ハーローFX」編                                                                                            ●「Kakaku FX」編                                                                                                  ●「DMM FX」編(前編)                                                                                           ●「DMM FX」編(後編)                            
経済ニュース(ロイター)
blogparts by 外国為替FX@比較
『ランキングサイト(その2)』
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
あし@
RSSリンクの表示
検索フォーム