大政奉還

相変わらずの円高ですねぇ~。

そして相変わらず、
政治家が菅首相降ろしを唱えてますねぇ。

その気持ちはご尤もでしょうが、
このタイミングでこの騒動じゃぁ被災地の
方々はいったいどんな気持ちになるやら。

「やめろ、やめろ」だけでなく具体的に誰が
どうすれば良いのか?

「俺にやらせろ」的なことを言える政治家は
いないものか?

自分が努力して力を付けて上にのぼるのではなく、
人を落として、結果的に自分が優位に立つ。

言ってみれば、絶対的な上位ではなく、
まわりと比較しての上位でしかない・・・

今の政治化の言動を見ているとそんな気が
するよね。

かつて、
坂本龍馬は「大政奉還」を徳川慶喜に求めたが、
そこには、政権を誰に、そして国をどうすべきかの
具体的な陳情もありました。

今から見れば抽象的かも知れませんが、
当時からすれば画期的なものでした。

命を掛けて国のことを考えていたんですからねぇ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←よろしければ、ポチをお願いします。

人気ブログランキングへ ←こちらもお願いいたします。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

政治家なんて、大半は私利私欲の塊だと思ってます。

No title

そういう政治家が選挙があればまた当選しちゃうんでしょうね。
選ぶ方もどうかしてます

No title

「義」のために命を賭ける、そんな政治家に国のリーダーになってほしいですね。

No title

今まで寝ていました
今寝ぼけているので記事は明日読ませていただきます^^

No title

足の引っ張り合いは醜いです。。

No title

国民がもう少し滅私の心を持たないといけないとも思います

No title

まあ、被災地の人も一時的に時間がかかっても、管さんをやめさせたほうが早いと思っているでしょう。

三輪車と自転車なら乗り換えに時間がかかっても結局乗り換えたほうが早いです。

被災地の人がそれを言わないのは、政府にへそを曲げられるとのが嫌だからだけです。

でも、やっぱり、歯がゆいですね。

No title

ガンダムの新しいシリーズが始まりますね^^

No title

山勘トレード成功しました^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【フォレックス・ドットコム】
    フォレックス・ドットコム
米国大手の外国為替証拠金取引会社である「ゲインキャピタル社」を親会社とし、世界140ヵ国に事業を展開。                                                     さらに、米国で取引システムが専門機関より多数受賞!                        フォレックス・ドットコムの売りの一つはなんと言っても「業界屈指の約定力の高さ」です。                                      また、その優れたシステム「ワンクリック注文」は是非とも武器にしたいもの。                                            個人投資家の他、ファンドマネージャーや商品投資顧問業者からも高い注目を集めています。 その他、足りないというスペックが見当たらず最もお奨めする業者です。                                               2010年4月1日から日本での営業を本格的にし、今後益々広がりを見せるはずです。               以前、当社の記者会見にお邪魔しましたので、是非その記事もご覧ください。                  →その過去の記事(1)                                     →その過去の記事(2)
【マネーパートナーズ】
      《初心者向け》
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ
『マネーパートナーズ』                                                                                                         
【ひまわり証券】
『ブログランキングサイト』
『悪評BIG3』
これまで書いて来たこのブログ記事の中で悪評が多かったもの・・・

【その取引は茶番劇だ】              【それ、騙されてません?】         【何様のつもりだ】
最新コメント
プロフィール

カタラン

Author:カタラン
住所:東京都
性別:男
コメント:元取引員です。他にもサッカーとスペインが好きです。みなさんヨロシク!!

月別アーカイブ
最新トラックバック
【米ドル円・2大対決】
あなたなら、どちらの口座を開設する?
                                                                         【外為オンライン】                                                      米ドル円スプレッド原則1銭固定です。                                                              昨今は1銭以下のそれを営業するFX業者も増え、あまりインパクトはないのかも知れない。                                                                 しかし、1銭でも約定の安定性が非常に良い。                                                                                     実際に私が使った上での感想。ここの口座は持つべし!!                                                                                その良さは、3年連続でFX取引高No.1ってことでも分かりますね。                                                                            また、初回入金10万円以上、1回以上取引で5,000円キャッシュバック。                                                                                                     過去の記事も参照ください
                                                                         【クリック証券FX】                                                        今や以前にも増して、投資家の注目度がすごい。                                                                                    こちらも米ドル円スプレッド原則固定・・・しかも、0.8銭!                                                                                                         これには御見逸れしました・・・                                                                                           しかも、この業者、iphone対応のFXを取扱ってるんです!今流行のiphoneFX。これからも益々この需要は伸びるでしょう。                                               このFX口座は是非開設したいですね。                                                                                     条件やその他詳しくはクリック証券FXHP
【DMM FX】
                     DMM FX      
『業者巡礼』
以前から複数のFX・証券会社事務所に行っています。                                                                  その時の記事をご紹介します。                               
「外為どっとコム」編                                                                                            ●「アイディーオー証券」編(旧事務所)                                                                                  ●「香川証券」編                                                                                                   ●「上田ハーローFX」編                                                                                            ●「Kakaku FX」編                                                                                                  ●「DMM FX」編(前編)                                                                                           ●「DMM FX」編(後編)                            
経済ニュース(ロイター)
blogparts by 外国為替FX@比較
『ランキングサイト(その2)』
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
あし@
RSSリンクの表示
検索フォーム