FC2ブログ

危険性・・・

明日31日の日銀金融政策決定会合で、
金利を下げる可能性が高くなりました。


日本の会計処理も
現行の時価会計を見直す向きがあります。
政府は追加の経済対策も発表しました。

やっと日本も本気で経済危機、
金融危機と向き合う気になった様です。


思えば数週間前、各国が協調利下げを行った時に
日本だけは足並みを揃えませんでした。

それが正しかったか間違っていたかは
私には分かりませんが、
あくまで結果として、日本は株安、円高に
我慢できなくなり、さまざまな対策を練っています。

その影響で
昨日、今日と株価も外為も大幅に上昇です。

ただ私はまだ、
米ドル円は上昇トレンドに入ったとは思っていません。
と同時に、先週までのような
下落トレンドでもないと思います。

ですので、私は1枚だけ米ドルを買って
運試しがてら外為相場を
様子見しようか迷っています。

つまりこれはデイトレをするというものではないのです。

ここでレバレッジについて考えました。

私は以前、デイトレでなければ
レバレッジは低く設定してくださいと言いましたが、
デイトレでなくとも、取引の目的・方法によっては、
この限りではないと思いました。


もしロスカットを避けようと、レバレッジを低く取引すると、
必要証拠金も10万円からそれ以上の額を
預けなければなりませんが、同時にそれは、
10万円やそれ以上の額をリスクにさらす
ということです。


レバレッジを高く1万円だけ預けたならば、
リスクにさらされるのは1万円だけになります
(相場の荒れた時はこの限りではありませんが・・・)。

ですので、一般的にレバレッジは
10倍を越えたところから危険性が増す、
とは言われますが、取引の目的・方法によっては
その限りではないようですね。


念の為に言いますが、
レバレッジが高いからといって、多くの枚数を
取引したのではもちろん危険になりますので・・・



theme : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
genre : 株式・投資・マネー

【マネーパートナーズ】
      《初心者向け》
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ
『マネーパートナーズ』                                                                                                         
【ひまわり証券】
【フォレックス・ドットコム】
米国大手の外国為替証拠金取引会社である「ゲインキャピタル社」を親会社とし、世界140ヵ国に事業を展開。                                                     さらに、米国で取引システムが専門機関より多数受賞!                        フォレックス・ドットコムの売りの一つはなんと言っても「業界屈指の約定力の高さ」です。                                      また、その優れたシステム「ワンクリック注文」は是非とも武器にしたいもの。                                            個人投資家の他、ファンドマネージャーや商品投資顧問業者からも高い注目を集めています。 その他、足りないというスペックが見当たらず最もお奨めする業者です。                                               2010年4月1日から日本での営業を本格的にし、今後益々広がりを見せるはずです。               以前、当社の記者会見にお邪魔しましたので、是非その記事もご覧ください。                  →その過去の記事(1)                                     →その過去の記事(2)
『ブログランキングサイト』
『悪評BIG3』
これまで書いて来たこのブログ記事の中で悪評が多かったもの・・・

【その取引は茶番劇だ】              【それ、騙されてません?】         【何様のつもりだ】
最新コメント
プロフィール

カタラン

Author:カタラン
住所:東京都
性別:男
コメント:元取引員です。他にもサッカーとスペインが好きです。みなさんヨロシク!!

月別アーカイブ
最新トラックバック
【DMM FX】
                     DMM FX      
【米ドル円・2大対決】
あなたなら、どちらの口座を開設する?
                                                                         【外為オンライン】                                                      米ドル円スプレッド原則1銭固定です。                                                              昨今は1銭以下のそれを営業するFX業者も増え、あまりインパクトはないのかも知れない。                                                                 しかし、1銭でも約定の安定性が非常に良い。                                                                                     実際に私が使った上での感想。ここの口座は持つべし!!                                                                                その良さは、3年連続でFX取引高No.1ってことでも分かりますね。                                                                            また、初回入金10万円以上、1回以上取引で5,000円キャッシュバック。                                                                                                     過去の記事も参照ください
                                                                         【クリック証券FX】                                                        今や以前にも増して、投資家の注目度がすごい。                                                                                    こちらも米ドル円スプレッド原則固定・・・しかも、0.8銭!                                                                                                         これには御見逸れしました・・・                                                                                           しかも、この業者、iphone対応のFXを取扱ってるんです!今流行のiphoneFX。これからも益々この需要は伸びるでしょう。                                               このFX口座は是非開設したいですね。                                                                                     条件やその他詳しくはクリック証券FXHP
『業者巡礼』
以前から複数のFX・証券会社事務所に行っています。                                                                  その時の記事をご紹介します。                               
「外為どっとコム」編                                                                                            ●「アイディーオー証券」編(旧事務所)                                                                                  ●「香川証券」編                                                                                                   ●「上田ハーローFX」編                                                                                            ●「Kakaku FX」編                                                                                                  ●「DMM FX」編(前編)                                                                                           ●「DMM FX」編(後編)                            
経済ニュース(ロイター)
blogparts by 外国為替FX@比較
『ランキングサイト(その2)』
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
あし@
RSSリンクの表示
検索フォーム